ミステリーショッピング調査

ミステリーショッピングとは、自社サービスの到達度の測定や自社の教育システムの改善、あるいは、競合他社の顧客コンタクトポイントの把握などを可視化するための調査手法のひとつです。

調査対象者は主に自社や競合他社のショップ店員。
特に顧客コンタクトポイントの業務改善などの見地から非常に注目されている調査手法となっています。

具体的には任意に任命された調査員(ミステリーショッパー)が顧客としてショップに赴き、調査員であることを明かさずに、ショップ店員の顧客対応姿勢などをつぶさに観察、報告します。

 

富裕層レストラン総合研究所では、その中でも特に富裕層によるレストランなどのミステリーショッピングを実施したいレストランやバーなどからのご依頼を募集しています。

これまでに培ってきたさまざまな富裕層顧客データベースの中から、ニーズにマッチした富裕層ミステリーショッパーをリクルーティングすることが可能です。

富裕層顧客への対応は、一般的な顧客対応とは異なる部分も多く、実際に富裕層によるミステリーショッピングを行うことは、富裕層マーケティングとしても非常に有効な調査手法と言えます。