ホスピタリティ研修商品(厚生労働省助成金申請支援付)

助成金とは

助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取り扱っている返済不要の支援金で、条件を満たせば原則全ての中小企業が受給できるのが特徴です。その財源は会社が国に支払う「雇用保険料」で賄われており、年間約2,000億円と言われています。

 

助成金の受給基本条件

下記の条件を満たすことが、助成金受給の基本条件です(中小企業の場合)。

・正社員を1名以上雇用している。
・雇用保険、社会保険を払っている。
・6か月以内に会社都合の解雇をしていない。
・残業代の未払い、労務違反を犯していない。

 

中小企業の範囲

業種 資本金 雇用保険加入者数
小売業(飲食業含む) 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他業種 3億円以下 300人以下

 

助成金の対象となる取り組み

助成金の対象となる取り組みには、以下のようなものがあります(一部抜粋)。

・正社員向け教育研修
・非正社員向け教育研修
・非正社員から正社員化
・正社員向け評価制度

 

助成金を活用したホスピタリティ研修フロー

富裕層ビジネス特化型研修プログラムを活用して、ホスピタリティ研修を実施します。研修は、厚生労働省の助成金が支給された場合に限り、実質無料で実施が可能です。研修を通して富裕層ビジネスに関する知見やノウハウを得ることによる富裕層顧客向けのホスピタリティ向上を主な目的としています。
中小企業を対象に、正社員向け商品と非正規社員向けのプログラムをラインナップしています。

助成金は原則後から交付されます。
※助成金の受給には、前述の通り受給基本条件を満たしていることが必要になりますが、助成金の種類等により他の条件を満たす必要が出てくるケースもあります。場合によっては助成金が支給されないこともあります。
※本商品は助成金の支給を保証するものではございません。

 

お問い合わせ

ホスピタリティ研修商品に関するお問い合わせは、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら