Fobesが選ぶ2018年のおすすめホテル~百名伽藍~

写真:©百名伽藍 Suiboku
旅行業界でホテル、レストラン、スパの総合的なレビューと、5つ星の格付けシステムを世界で初めて導入したフォーブス・トラベルガイド。2018年は世界53カ国144の地域で1609件の施設が受賞した。その中でも「RECOMMENDED 2018」の賞を受けた沖縄のホテルの一つ、百名伽藍を紹介する。

那覇空港からサトウキビ畑を眺めながら車で30分ほど南へ走らせると、そこには青く輝く太平洋が広がり、美しいビーチの風景に溶け込むように、伝統的な石灰岩の白い壁に珊瑚色の赤い屋根の百名伽藍がある。2012年にオープンした、小さな独立系のラグジュアリーリゾートだ。

わずか13室のエグゼクティブ・ルームと、2室のスイートを備え、全室から南国の海が眺められる。13歳未満の子供は宿泊することができない大人専用のリゾートで、沖縄の海を静かに、独占的に楽しみたいカップルや新婚旅行客を迎えている。

建物は自然と溶け込むように設計され、風通しのよい中庭、外に開かれた廊下、大きな窓、施設の至る所で自然がもたらす静寂を感じさせてくれる。周囲には眺望を妨げる家や建物はなく、日没を迎えると、ゲストルームのテラスからは静かな海に浮かぶ月の輝きを眺めることができ、それはただただ息を呑む光景だ。伝統の琉球畳を使用したスイートルームや輝く海だけが見えるプライベートテラス、ダイニングでは朝、昼、夜ともに日本料理に沖縄の素材と伝統を加えた郷土料理が味わえる。さらに最上階には「方丈庵」と名付けられた貸し切りの小部屋があり、海に面した露天風呂が設けられている。

富裕層や大人の心をつかむ、スモールラグジュアリーリゾートだ。

参照:Forbess Travel Guide

ルート・アンド・パートナーズでは日本版DMO地方創生をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. マンダリンオリエンタル東京 シェフベーカーに中村友彦氏が就任

  2. 中国のリビエラにセントレジス珠海2018年9月16日オープン

  3. ザ ロイヤルパークホテル京都四条 4月13日に開業

  4. 「ソフィテル ボラ ボラ マララ ビーチ リゾート」2018年5月よりリノベーションを実施

  5. ホテル・シュタインが新コンセプトでオープン

  6. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得