若者だけではない。富裕層対策が進む渋谷の今。

セルリアンタワー東急ホテルが、2019年3月、客室の全面リニューアルを完了する。
これは、2014年度より客室改装を進めてきた5カ年計画で、この3月の「スイートルーム(37階)」の完成をもって、全てが終了する。今回の改装では、2001年開業時に9室だったスイートルームの客室数が14室と大幅に増えることになる。渋谷に来る富裕層をターゲットにした改装だ。新スイートルームには、和モダンのデザインを採用。家具やファブリック類は“日本製”にこだわり、日本の伝統工芸品や模様を取り入れている。宿泊費1泊12万8,304円から64万1,520円で販売する予定。訪日富裕層にとって、あこがれの渋谷に泊まるという選択肢がまた1つ増えたことになる。渋谷の開発にますます目が離せない。

記事元(訪日ラボ)はこちらから

関連記事

  1. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  2. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  3. 海外富裕層に人気の札幌・すすきの地区でホテルのオープンラッシュ始まる

  4. JTBが欧米富裕層向け旅行会社Abercrombie & Kentと包括的業務委託契約を締結

  5. 上高地のホテル、富裕層や外国人の集客強化

  6. 2018年オープンのラグジュアリーホテルTOP30

Translate »