マンダリン オリエンタル 東京に、メキシコ料理の概念を変えたメキシカンファインダイニング「プジョル(Pujol)」が日本初上陸

「マンダリン オリエンタル 東京」が、2018年5月15日(火)から5月18日(金)まで、世界のメキシコ料理の概念を変えたメキシカンファインダイニング『プジョル(Pujol)』のポップアップレストラン『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』を4夜限定で開催する。
メキシコシティの『プジョル』のみならず、ニューヨークの『コスメ(Cosme)』や『アトラ(Atla)』など話題のレストランをオープンし、大注目を浴びるシェフ、エンリケオルベラ(Enrique Olvera)氏。日本で初めて彼の手掛けるファインメキシカン料理を食べることのできる機会となる。
2月15日(木)正午より、『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』の先行予約付き宿泊プランのオンライン受付が開始される。

メキシコで最も影響力のあるシェフとして知られるエンリケ オルベラ氏は、メキシコ料理を一新。高い技術が生み出す洗練されたメキシカンファインダイニングを世界に初めて認めさせた。
2000年にメキシコシティにオープンした『プジョル』は、現在「世界のベストレストラン 50」で20位にランクイン。また2014年にニューヨークにオープンした『コスメ』は「The New York Times」紙による「Top New York Restaurant of 2015」で首位に選ばれ、2017年にはニューヨークで2軒目のレストランとなる『アトラ』をオープンさせている。

オルベラ氏の料理は、メキシコの美食文化で知られる土地オアハカの影響を受けている。そこにストリートフード文化のあるメキシコシティやシーフードが豊富なバハ・カリフォルニア州の要素が加わり、さらには美しく、素材を大切にする日本料理からもインスピレーションを得ている。
『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』では、ハーブ入りのトルティーヤに1500日以上かけてつくる「モレ」と毎週つくる新鮮な「モレ」の二種のソースをあわせた「ENMORADA」や、メキシコの伝統食材で知られ、現在は珍味の“虫”を使った料理として“アリ”を用いた「BABYCORN WITH COFFEE AND CHICATANA ANT MAYONNAISE」の2品を含む、『プジョル』を代表する料理9品のメニュー構成を予定。
メキシコの“タコ(Taco)料理”に、職人がお薦めメニューを提案する日本文化を取り入れ、オルベラ氏による「おまかせ」というスタイルで提供される。
また一部を除いた料理は手で食べる。多彩な調理法により生み出される一連の“タコ料理”には、メキシコの主食“トウモロコシ”を使用。

食事にはアルコールドリンクまたはノンアルコールドリンクのペアリングが用意され、2時間半の美食体験を楽しめる。
マンダリン オリエンタル 東京は、3つの星付きレストランを有し、食の殿堂とも称されている。料理の概念を変え、世界のダイニングシーンをリードするシェフにいち早く注目し、これまで様々なポップアップレストランを開催。日本未体験の食との出会いを発信している。
今回は無形文化遺産に指定されるメキシコ料理をストリートフードからファインダイニングに昇華させ、伝統的なメキシコの食材や技術を用いて斬新な料理を生み出すオルベラ氏による、メキシカンファインダイニングを紹介。当日はオルベラ氏が日本で出会った素材も取り入れた料理を予定。

『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』の概要は以下の通り。
各日4部構成。なおレストランのみの予約は3月16日(金)より開始予定。

【『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』の概要】
実施期間:2018年5月15日(火)から5月18日(金)
時間:第1部17:30スタート/第2部18:00スタート/第3部20:30スタート/第4部21:00スタート
場所:37階「シグネチャー」
先行予約:2名様ディナー付き宿泊プラン『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』
備考:2018年5月15日(火)より5月17日(木)宿泊まで

2018年2月15日(木)正午より下記ウェブサイトのみで予約開始
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/hotel-offers/

価格:1泊2名様でのご利用 140,000円~(税サ別)
・マンダリン グランド ルーム(60平方メートル)でのご宿泊(2名様)
・『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』でのディナー(2名様)
・オールデイダイニング「ケシキ」または「オリエンタルラウンジ」でのご朝食(2名様)

価格:1泊2名様でのご利用 200,000円~(税サ別)
・マンダリン スイート(100平方メートル)でのご宿泊(2名様)
・『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』でのディナー(2名様)
・オールデイダイニング「ケシキ」または「オリエンタルラウンジ」でのご朝食(2名様)

※別途8%の消費税に15%のサービス料、お1人様200円の宿泊税あり。

※ディナーには、オプションとして下記が用意されている。
・アルコールドリンクペアリング 18,000円(税サ別)
・ノンアルコールドリンクペアリング 8,000円(税サ別)

宿泊プラン『プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京』のお問い合わせは、下記電話番号、またはメールアドレスまで。

宿泊予約:0120-806-825
Eメール:motyo-reservations@mohg.com

関連記事

  1. 鬼怒川金谷ホテル – 栃木

  2. 日本の富裕層も必見!スコットランドの高級キャッスルホテル

  3. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得

  4. フランク・ロイド・ライトの息吹で目覚める朝 – 帝国ホテル東京

  5. 富裕層利用者の多いオークウッドホテル&アパートメンツが新大阪に開業

  6. マンダリンオリエンタル東京「日本橋フォトガレリア」を実施