アクアスィート鴨川 住宅を改装した富裕層向けホテル

ホテル運営のケーディエフ(京都市上京区)は、上京区に富裕層向けのホテル「アクアスィート鴨川」を開業した。住宅を改装した全7室の施設で、鴨川や東山を見渡せる眺望を売りに外国人観光客らの利用を見込む。

下鴨神社に近い葵(あおい)橋西詰にあり、地上5階建て。人工歯製造装置メーカーのデンケン(山科区、現デンケン・ハイデンタル)の創業者、上田英さんの元自宅を改装した。1室の広さは42~82平方メートル。料金は1泊1人2万8080~8万千円(税込み、朝食付き)。

上田さんは、音楽に合わせて光る水を出す「音楽噴水」をJR京都駅前(下京区)に設置し、市に寄贈したこともある。今回のホテルも、鴨川や下鴨神社に近い風光明媚(めいび)な場所だけに「宿泊客に京都の山紫水明を世界に発信してもらい、地域経済の発展につながれば」と期待している。

ルート・アンド・パートナーズではスモールラグジュアリーホテル等への富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  2. セルリアンタワー東急ホテル、外国人富裕層をターゲットにスイートルームをリニューアル

  3. 米・大手旅行専門誌が選ぶ 「The Best New Hotels in the World」に星のやバリが選出

  4. 空き家を外国人富裕層向け高級宿坊として改築し、富裕層インバウンド戦略に活用

  5. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  6. バリ、ジャワ、アジアのアンティークコレクションが特徴的なホテル – Hotel Tugu Bali

Translate »