パーソナルスタイルで過ごす、極上のホテル空間 星の王子様の末裔が語るアンダーズ東京

クリエイティブで洗練されたアンダーズ 東京

2014年6月、東京・虎ノ門にオープンしたアンダーズ 東京。
ヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味するその名の通り、宿泊客ひとりひとりのライフスタイルを大切にしたおもてなしを提供しているホテルです。

総支配人のサン=テグジュペリ氏も「我が家にお招きするようにおもてなし、お客様のスタイルに合わせて過ごしていただけるようにと考えています」と語っています。

アンダーズはその土地の文化や個性を取り入れることを大切にして、場所によって色合いが全く違うと言います。
たとえば、ロンドンはインターナショナルでダイナミックですが、東京はクリエイティブで洗練されています。
そんな「東京らしさ」を自分のライフスタイルで味わえるアンダーズ 東京は、他のラグジュアリーホテルとは一味違ったホテルです。

2020年にオリンピック開催を控える東京には、今後国内外からさらに多くの人が訪れることが予想されます。
当然文化やライフスタイルも様々だが、まるで我が家のように過ごすことができるアンダーズ東京なら、どんな方でもリラックスした優雅な時間を過ごせるに違いありません。

関連記事

  1. 空き家を外国人富裕層向け高級宿坊として改築し、富裕層インバウンド戦略に活用

  2. 祇園畑中が富裕層向け新ホテルブランド「SOWAKA」を発表

  3. アマンプリのセラピストによるタイマッサージをアマン東京で

  4. プライベートゲレンデを活用して外国人富裕層旅行客を取り込むという視点

  5. ホテルオークラ本館跡地に富裕層向けスイートを備えた「オークラ東京」を2019年開業

  6. 国立公園に富裕層向けホテル誘致推進







Translate »