シンガポールにSixSenseが登場、SixSense Duxtonオープン

写真:©SixSense Duxton
2012年の夏頃だろうか。
尾崎牛が食べられると聞いてThe Duxton Hotelのレストランに赴いたことがあった。
その思い出深いThe Duxton Hotelが、この度SixSense Duxton(シックスセンシズダックストン)として生まれ変わりました。

SixSense Duxton(シックスセンシズダックストン)は、島の都市の中心部であるTanjong Pagar(タンジョンパガー)とビジネス、社交、食事、ナイトライフを中心としたチャイナタウンの折衷的な中心部に位置しています。 当ホテルは、英国の有名デザイナー、Anouska Hempelの下で伝統的なUrban Redevelopment Authority Architectural Heritage賞を受賞した建物で、中国、マレー、ヨーロッパ等のさまざまな要素を組み合わせてデザインされています。

2018年秋には、ホテルから徒歩で数分の距離に姉妹ホテルとなる、Six Senses Maxwell(シックスセンシズマクスウェル)がオープンする。今後もシンガポール島内でのSix Sensesホテルの進出が期待される。

参照:Six Senses Hotels Resorts Spas

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテルのアレンジをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  2. ホテルオークラ本館跡地に富裕層向けスイートを備えた「オークラ東京」を2019年開業

  3. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  4. マンダリン オリエンタル 東京に、メキシコ料理の概念を変えたメキシカンファインダイニング「プジョル(Pujol)」が日本初上陸

  5. 空き家を外国人富裕層向け高級宿坊として改築し、富裕層インバウンド戦略に活用

  6. 2018年オープンのラグジュアリーホテルTOP30







Translate »