中国のリビエラにセントレジス珠海2018年9月16日オープン

写真:©St.Regis Zhuhai
中国のリビエラとして知られる美しい街「珠海」にセントレジスが2018年9月16日にオープンすることが発表された。

ホテルは街の象徴的なランドマークであるZhuhai Towerの上、41階から72階の高層階に位置し珠海とマカオの景観を一望できる。ホテルの広さは60平米から1100平米のプレジデンシャル・スイートまで全251室を設けている。

セントレジス珠海では様々なレストランを提供しており、Yan Tingではモダン高級広東料理を、Socialでは富裕層専用とされた巡航船上の最高級ダイニングサロンから着想を得た作りとなっている。71階のルーフトップでは隣接したAir 71がパノラマに広がりグレーターベイを背景に臨める。

その他スパをはじめ、69階と71階にある屋内および屋外プールや、The St. Regis Athletic Clubでは最新型の設備とパーソナルトレーナーを配置し、宿泊客の体格に合わせたカスタムメイドのトレーニングを可能にしている。

参照:St.Regis Zhuhai

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテルのアレンジをはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  2. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  3. 2018年オープンのラグジュアリーホテルTOP30

  4. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  5. NYの老舗ホテル「プラザホテル」、カタールの国有企業が6億ドルで買収

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。







Translate »