白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 欧米豪富裕層が求める宿泊体験とコンソーシアム ルレ・エ・シャトー会長フィリップ・コンベール氏

  2. ラグジュアリーとスポーツを融合させて新たな顧客創造を

  3. 東京の伝統とヨーロピアンクラシックの見事な融合 – 東京ステーションホテル

  4. 上高地のホテル、富裕層や外国人の集客強化

  5. 最高クラスのホスピタリティが堪能できるラグジュアリーホテル – Aston Solo Hotel

  6. 別府の温泉街に外資などの高級ホテルが続々開業







Translate »