白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

  2. ザ ロイヤルパークホテル京都四条 4月13日に開業

  3. JTBが欧米富裕層向け旅行会社Abercrombie & Kentと包括的業務委託契約を締結

  4. トリサラ・プーケット プライベートヨットで行く食材調達と調理の旅

  5. マンダリンオリエンタル東京 シェフベーカーに中村友彦氏が就任

  6. タイの大手ホテルチェーン、地方へ進出。インバウンド富裕層を取り込む狙いか

Translate »