2021年に富裕層向けの宿が熊本県上天草市に誕生

熊本県上天草市松島町の樋合島に富裕層向けの高級リゾート施設が開業する見通しとなった。
「抜群の景観。結婚式場の運営で培ったノウハウを生かし、国内外から富裕層を呼べる場所にしたい」と語ったのは、熊本市内で結婚式場を運営するマリーゴールドの山崎茂会長(63)だ。
樋合島は天草2号橋西側にあり、16ヘクタールの山林の中に一戸建ての宿泊棟など約30棟を点在させる計画。森の中にある別荘から、眼下の海をプライベートビーチのように眺められる空間はまさにラグジュアリーなシーンを演出。
本件は、今年9月に着工し、2021年夏に開業予定。土地取得も含め総事業費は20億円。50人の新規雇用を見込む。
また、市は4月の組織改編でリゾート構想と観光交流拠点施設を担当する部署を、「開発プロジェクト推進課」に格上げした。同課は「リゾート開発で、交流人口拡大や地元雇用の創出、農水産物の消費拡大につなげたい」としている。

記事元(熊本日日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 若者だけではない。富裕層対策が進む渋谷の今。

  2. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  3. 富裕層の獲得を狙い旧軽井沢ホテルがヒルトン系に一新 

  4. 名古屋プリンスホテルスカイタワー開業

  5. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。







Translate »