日本の富裕層も必見!スコットランドの高級キャッスルホテル

写真:© Knight Frank

ポーツマスとワイト島の間のソレントに浮かぶ3つの砦のうち、2つが現在高級ホテルとして使用されている。残りの1つは現在改装中だ。本土から1.6km以上離れたこれらのホテルには、当然ながらヘリコプターかボートでしか行くことができない。日常から離れて非日常を満喫するには最適なホテルのひとつだ。

ホテルはスイートルームが23部屋、44人まで宿泊することができる。また、パーティー利用であれば200人以上の招待客を招くことができる。外観は城だが、キャバレーバーやスパ、屋上の露天風呂などの設備も整っている。

非日常を楽しむために宿泊するのはもちろん、結婚式など特別な一日のために利用するのもオススメだ。

 

当社では、国内外問わずこのような富裕層向けのホテル関連情報を随時募集しています。情報をお持ちのホテル関係者や旅行代理店などからの情報提供をお待ちしています。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 鉄道会社傘下のインバウンド富裕層向けホテル対策

  2. 富裕層インバウンドと一線を画すリノベーションを施した湯河原

  3. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  4. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  5. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  6. 25周年を迎えるバンヤンツリーが、富裕層向けに25周年を記念した特別な体験を発表







Translate »