ダイワロイヤルホテルグランデ京都が2018年6月9日に京都にオープン

写真:©DAIWA ROYAL HOTEL CITY CO.,LTD
ダイワロイヤルホテルグランデ京都が2018年6月9日に京都市南区にオープンする。

全272室のうちスイートを含めた高級な価格帯の客室を29室設け、その宿泊者専用のラウンジを最上階に設置している。専用ラウンジではイタリア人シェフによる朝食も売りの一つだ。国内の富裕層をはじめ、訪日インバウンドの利用が多くなるとみられており、外国人の利用は宿泊客全体の約7割を見込んでいる。そうした中で、英語や中国語に加えてスペイン語、オランダ語、ロシア語など9カ国語で接客できるスタッフを配置し、高級仕様の客室をそろえ、海外からの富裕層の取り込みを図る。

京都という激戦区にありながら、宿泊している間は自由に持ち出して使えるスマートフォンを全室に置き、無料でデータ通信できるほか、日本国内と米国、英国、オーストラリア、イタリア、香港への通話は無料となるサービスなども導入し、他にないサービスを展開している。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  2. 2018年オープンのラグジュアリーホテルTOP30

  3. カルティエのガレージコンセプトに富裕層はどう反応するか?

  4. フォーシーズンズ、2019年の「ワールド オブ アドベンチャーズ」催行を発表

  5. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  6. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley