アジアの富裕層を描いた恋愛コメディ、思いがけない観光ブームを生んだそのわけとは

米国でアジアの富裕層を描いた恋愛コメディー「クレイジー・リッチ!」をご存知だろうか。
その映画をはじめ今、シンガポールに時なら観光ブームが訪れている。
映画の他にも、アジア最大の航空・防衛産業の見本市「シンガポール・エアショー」や東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議など、さまざまなイベントにより昨年7月の外国からの入国者数は170万人と過去最高を記録したことも含めて、ホテル業界は年内に新規ホテルを相次いで開業させる計画だ。

記事元(SankeiBiz)はこちらから

関連記事

  1. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  2. 国立公園に富裕層向けホテル誘致推進

  3. 上林ホテル仙壽閣、富裕層向け特別室を開設

  4. ウェスティン都ホテル京都、198億円かけ改装後は国内外富裕層取り込みの強化へ

  5. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  6. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

Translate »