アジアの富裕層を描いた恋愛コメディ、思いがけない観光ブームを生んだそのわけとは

米国でアジアの富裕層を描いた恋愛コメディー「クレイジー・リッチ!」をご存知だろうか。
その映画をはじめ今、シンガポールに時なら観光ブームが訪れている。
映画の他にも、アジア最大の航空・防衛産業の見本市「シンガポール・エアショー」や東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議など、さまざまなイベントにより昨年7月の外国からの入国者数は170万人と過去最高を記録したことも含めて、ホテル業界は年内に新規ホテルを相次いで開業させる計画だ。

記事元(SankeiBiz)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  2. ザ ロイヤルパークホテル京都四条 4月13日に開業

  3. 鉄道会社傘下のインバウンド富裕層向けホテル対策

  4. 泣く子も黙るスパコスメブランド「コーダリー」所有の5つ星ホテル – レ・スルス・ドゥ・コーダリー

  5. 進む北海道の富裕層囲い込み戦略

  6. フランク・ロイド・ライトの息吹で目覚める朝 – 帝国ホテル東京







Translate »