ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

写真:(c) 沖縄タイムスプラス

リゾートホテルやゴルフ場などを経営するユニマットプレシャスが、沖縄における富裕層向けリゾート事業に特化した新会社設立を検討している。社名は「南西楽園リゾート」で、2019年4月に開業予定。

2017年度の宮古島への観光客は約99万人、2013年度比で約2.5倍と急増。2018年度は100万人に達する見通しだ。一方で、宿泊施設の供給が追いついていないという問題を抱えている。

ユニマットプレシャスは、もともと宮古島で「シギラリゾート」ブランドのホテルやレストランを展開しており、宮古島における富裕層向け施設運営のノウハウがある。2019年には「ホテルシギラミラージュ ベイサイド」など、3つのホテルを新たに開業予定。新会社を含むユニマットグループとして、2024年度末までに客室総数6,000室のホテル開発を進める計画だという。

 

当社では、新しい富裕層向けホテルなどの開発を予定している企業を対象としたADR(Average Daily Rate/平均客室単価)調査を実施しています。ADR調査の詳細は下記ページをご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  2. 国内外富裕層を狙うリゾート施設再興

  3. 新規ラグジュアリーブランドホテルADR予測調査

  4. 札幌、名古屋、福岡ですらまだまだ足りない。地方にラグジュアリーホテルを誘致することは富裕層インバウンドの試金石だ

  5. 海外富裕層インバウンド特需で急成長するホテル業界

  6. 国立公園に富裕層向けホテル誘致推進







Translate »