バンヤンツリー クアラルンプール(マレーシア)に開業

バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは、マレーシア初のバンヤンツリー リゾートとなる「バンヤンツリー・クアラルンプール」を2018年6月にオープンすることを発表しました。

バンヤンツリー・クアラルンプールは、クアラルンプール国際空港から車で約45分、マレーシアのビジネス、ショッピングおよびエンターテインメントの中心地であるクアラルンプールのゴールデン・トライアングル地区の中央に位置しています。

当ホテルは、バンヤンツリー・シグネチャーズ・パビリオン・クアラルンプールの建物の上部7フロアを占め、コンテンポラリーなスタイルでしつらえた51~200 ㎡の洗練された客室とスイートを55室ご用意しております。スイート・ルームにはプライベート・リラクゼーション・プールを備え、屋上59階にはバンヤンツリー・バンコクでも人気の高いバー、「ヴァーティゴ」が登場します。

ホテル情報

名称:Banyan Tree Kuala Lumpur (バンヤンツリー・クアラルンプール)
住所:2 Conlay Road, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia
予約・お問合せ:kualalumpur@banyantree.com (英語)

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテルや富裕層に人気のブランドなどの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層の間で浸透している別荘ではないサード・プレイスという概念

  2. ホテルオークラ本館跡地に富裕層向けスイートを備えた「オークラ東京」を2019年開業

  3. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  4. 観光企画設計社 作品集『KKS Leading Hotel Design』発刊

  5. チバソム、松嶋啓介氏を招きリニューアルオープンを祝うコラボレーションイベントを開催

  6. 北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始







Translate »