ホテル・シュタインが新コンセプトでオープン

写真:©Hotel Stein Salzburg
ザルツァッハ川に面して建てられたホテル・シュタインが2月28日に新しいコンセプトのもとリノベーションされオープンしました。

7階に新しくオープンした話題のレストラン「Seven Senses」ではホーエンザルツブルク城を目の前にしながらの最高級のお食事が楽しめます。人気なので予約がないと入れません。また、1階にはカフェ・ストア「Green Vanilla」がオープンしました。ショップとイートインコーナーがお洒落なスタイルで人々を魅了します。

1399年からの歴史を刻んだホテルは重厚感があり、ホテルの屋上にあるテラスからはザルツブルクの眺めを一望でき、眺めの良さは街一番といっても過言ではありません。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテルや富裕層に人気のブランドなどの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. マンダリンオリエンタル東京「日本橋フォトガレリア」を実施

  2. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  3. シンガポールにSixSenseが登場、SixSense Duxtonオープン

  4. ダイワロイヤルホテルグランデ京都が2018年6月9日に京都にオープン

  5. マンダリン オリエンタル 東京に、メキシコ料理の概念を変えたメキシカンファインダイニング「プジョル(Pujol)」が日本初上陸

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。