ブルガリホテル東京2022年に開業

写真:©ブルガリ・ジャパン株式会社
JR東京駅前に建設する超高層複合ビル内にイタリアの宝飾ブランド「ブルガリ」が手掛ける高級ホテルを開業すると発表した。ブルガリはミラノやロンドンなどで高級ホテルを展開しているが日本での開業は初めてで、ビジネスや観光で日本を訪れる富裕層を取り込みたい考えだ。

「ブルガリホテル東京」は複合施設の39階から最上階の45階の7フロアに、98室の客室とバーやレストラン、プールを備える。ビルは2018年11月着工、2022年8月竣工予定となっており、ホテルは2022年末に開業を予定している。

ホテルのインテリアデザインは、著名なイタリアの建築設計事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールが担当。意匠を凝らしたディテールと洗練されたイタリアン・スタイルのエッセンスを取り入れた空間を創出する。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテルや富裕層に人気のブランドなどの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 上林ホテル仙壽閣、富裕層向け特別室を開設

  2. 東京の伝統とヨーロピアンクラシックの見事な融合 – 東京ステーションホテル

  3. 国立公園に富裕層向けホテル誘致推進

  4. 激化するホテルグループの富裕層囲い込み戦略

  5. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。

Translate »