富裕層の間で浸透している別荘ではないサード・プレイスという概念

もともとはカフェや公園などを指す「サード・プレイス」。近年ではセカンドハウスや別荘、会員制ホテルを含めた心身を癒やす場所として富裕層を中心に、注目されている。サード・プレイスがあることで、強制的に都会の喧騒や仕事から逃れることができ、リラックスできる環境を整えることができるため、休日であっても忙しい富裕層の非日常の空間として注目されている。

サード・プレイスのなかでも会員制ホテルやサービスアパートメントタイプの部屋は、清掃やメンテナンスも必要がなく別荘と比べると煩わしさも少ない。別荘を保有するメリットよりも、維持管理にかかる金銭的・肉体的なデメリットが大きいと感じている人も多い。

昨今、日本国内の別荘地や温泉地で高級ホテルの進出が相次いでいるのも、富裕層のサード・プレイスの需要を大きく反映しているのであろう。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 国立公園に富裕層向けホテル誘致推進

  2. マンダリンオリエンタル東京 シェフベーカーに中村友彦氏が就任

  3. 北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

  4. 上高地のホテル、富裕層や外国人の集客強化

  5. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

  6. ブルガリホテル東京2022年に開業







Translate »