チバソム、松嶋啓介氏を招きリニューアルオープンを祝うコラボレーションイベントを開催

写真:©Chiva Som(Kentosnetwork)
世界的にウェルネスのパイオニアとして名を馳せるチバソム・インターナショナル・ヘルスリゾ
ートは、2018年11月1日にリニューアルオープンを果たし、一連の祝賀イベントを開催した。

新しく改修された「エメラルドルーム」を祝うイベントには、日本を代表するミシュランスターシェフである松嶋啓介氏が最初のゲストシェフとして招待された。イベント開催中は、松嶋シェフ考案のスペシャルメニューが提供されたことに加え、料理の実演も行われ、滞在中のゲストを魅了した。松嶋シェフは、数多くの受賞歴を誇るレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」(東京)のオーナーシェフであり、フランス政府より「芸術文化勲章」、「農事功労賞」を授章している。

松嶋シェフがチバソムでのコラボレーションイベントに参加したのは、今回が2度目だ。

初めてのコラボレーションは、約7年前の2011年に互いのレストランで開催したキュイジーヌフェア。チバソムのウェルネス・キュイジーヌの歴史を築いてきたレジェンダリー・シェフであり、現在はキュイジーヌ・ディレクターとして活躍するパイサーン・チーウィンシリワット氏が、KEISUKE MATSUSHIMAを来訪し、料理を披露した。

今回のリニューアルオープン祝賀イベントに先立ち、2018年9月には、チバソムのエグゼクティブシェフ、カンヤラット・タノムセィング氏(通称 Chef Jib)が来日し、「KEISUKE MATSUSHIMA」 にてコラボレーションイベント、および WELLNESS CAFÉ のポップアップを開催した。2018年12月8日~11日まで開催された祝賀イベントでは、熟考されたクリエイティブなメニューが披露され、滞在中のゲストは、舌鼓をうちながら贅沢な食事を堪能した。

新しく生まれ変わった「エメラルドルーム」のスペシャルディナーに多くのゲストが参加し、コラボレーションイベントは大盛況のうちに終了した。

参照:kentosnetworkニュースレター

ルート・アンド・パートナーズでは国内の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ウェスティン都ホテル京都、198億円かけ改装後は国内外富裕層取り込みの強化へ

  2. マンダリンオリエンタル今後のアジア地区におけるホテル新規開発計画

  3. 富裕層に人気のプリファード ホテルズ & リゾーツ 22 軒のホテルやレジデンスが新規加盟

  4. 新千歳空港ターミナルビル内に富裕層向けの高級ホテルが2020年開業予定

  5. 本物のVIPだけが宿泊できる豪華客室

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。

Translate »