若者だけではない。富裕層対策が進む渋谷の今。

セルリアンタワー東急ホテルが、2019年3月、客室の全面リニューアルを完了する。
これは、2014年度より客室改装を進めてきた5カ年計画で、この3月の「スイートルーム(37階)」の完成をもって、全てが終了する。今回の改装では、2001年開業時に9室だったスイートルームの客室数が14室と大幅に増えることになる。渋谷に来る富裕層をターゲットにした改装だ。新スイートルームには、和モダンのデザインを採用。家具やファブリック類は“日本製”にこだわり、日本の伝統工芸品や模様を取り入れている。宿泊費1泊12万8,304円から64万1,520円で販売する予定。訪日富裕層にとって、あこがれの渋谷に泊まるという選択肢がまた1つ増えたことになる。渋谷の開発にますます目が離せない。

記事元(訪日ラボ)はこちらから

関連記事

  1. 広州のマンダリンオリエンタルで追加料金の支払いで愛犬愛猫との滞在が可能な「Pet-friendly」プラン

  2. 空き家を外国人富裕層向け高級宿坊として改築し、富裕層インバウンド戦略に活用

  3. アジアの富裕層を描いた恋愛コメディ、思いがけない観光ブームを生んだそのわけとは

  4. 観光企画設計社 作品集『KKS Leading Hotel Design』発刊

  5. 富裕層に人気のプリファード ホテルズ & リゾーツ 22 軒のホテルやレジデンスが新規加盟

  6. 「ソフィテル ボラ ボラ マララ ビーチ リゾート」2018年5月よりリノベーションを実施







Translate »