進む北海道の富裕層囲い込み戦略

社会医療法人カレスサッポロが、2019年4月に洞爺湖西湖畔にて「ホテル プレミアム・レイクトーヤ」を開業する。
カレスサッポロは、1993年に洞爺湖西湖畔の洞爺湖温泉212番地に建設された、旧そごう社員向けの保養施設「蒼水閣」を2017年に取得。同施設は洞爺湖の中島を目の前に望める高台にあり、敷地面積は約7万平方メートル、建物は2階建てで、延べ床面積は約2383平方メートルだ。
客室は全17室用意し、すべてに源泉かけ流しの露天風呂を設置するという。
宿泊料金は1泊12万円程度を想定し、国内外の富裕層を呼び込む狙いだ。

記事元(ホテリエ)はこちらから

関連記事

  1. 支笏湖北海ホテル跡に「しこつ湖鶴雅別邸碧(あお)の座」建設

  2. プライベートゲレンデを活用して外国人富裕層旅行客を取り込むという視点

  3. アジアの富裕層を描いた恋愛コメディ、思いがけない観光ブームを生んだそのわけとは

  4. 欧米豪富裕層が求める宿泊体験とコンソーシアム ルレ・エ・シャトー会長フィリップ・コンベール氏

  5. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  6. 上林ホテル仙壽閣、富裕層向け特別室を開設







Translate »