日本初上陸、ブティックホテル「キンプトン東京 新宿」

写真:©Kimpton
英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は、日本初進出のブティックホテル「キンプトン」を2020年に東京・新宿に開く。既存の「インターコンチネンタル」と同等の高級ホテルだが、カラフルな内装などデザインにこだわり、宴会場やチャペルも併設する。室数は150~160室前後を予定。客室面積は30~40平方メートルが中心で、約70平方メートルの広い部屋も用意する。宿泊料金は1室当たり数万円程度になる見込みだ。

最大300人を収容できる3つの宴会場、3種類のレストランを備える。IHGと提携関係にある婚礼大手のツカダ・グローバルホールディングが建物を保有して採用や戦略立案など経営を担い、運営はIHGの国内運営会社IHG・ANA・ホテルズグループジャパンに委託する。

ブティックホテルといえば、ブライダル大手の「テイク アンド ギヴ ニーズ(T&G)」が、2017年にTRUNK HOTELをオープンし、2019年には世界的なブティックホテルAce Hotelが京都で開業を予定している。IHGでは、キンプトンは東京、インディゴ等のブランドは東京や大阪、京都などの都市や北海道・ニセコといったリゾート地を候補に進出予定だ。東京五輪を前に、欧米で人気のブティックホテルが日本に続々と進出していく。

参照:Kimpton

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けホテル情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. トリサラ・プーケット プライベートヨットで行く食材調達と調理の旅

  2. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得

  3. ラ・マムーニアが富裕層向けコスメのヴァルモンとのコラボレーションを発表

  4. 東京の伝統とヨーロピアンクラシックの見事な融合 – 東京ステーションホテル

  5. 欧米豪富裕層が求める宿泊体験とコンソーシアム ルレ・エ・シャトー会長フィリップ・コンベール氏

  6. 外国人視点で見る日本の富裕層向けホテルの課題

Translate »