新規ラグジュアリーブランドホテルADR予測調査

【顧客ニーズ】

沖縄県で予定している新規ホテルに関して富裕層定量調査による
ADR数値算出およびその受容性評価をしていただきたい。また当該資料
のサマリーを取締役会の資料の一部としたい。

【当社のソリューション】

当社富裕層顧客100名に対し定量調査を実施して沖縄県ラグジュアリーホテルに
宿泊する際の富裕層ADR受容度を独自に算出、コンサルティングレポートとともに
提出した。取締役会でも承認され本プロジェクトが進行することに。
成功のポイントは、新規ホテルのインベスター、オペレーター予定者双方ともに
富裕層定量調査の設計段階から真剣に議論に参加してくれたこと、および、当社が
インベスターの取締役会に参加する方々も多少巻き込み、単なる取締役会プレゼン
でなく、段階的、説明的に、取締役会に向けて準備がでいたこと、の2点である。

関連記事

  1. 京都の旅館や事業者は高級化路線への投資に注力

  2. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。

  3. 高級ホテルがスパ強化

  4. 積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

  5. ダイワロイヤルホテルグランデ京都が2018年6月9日に京都にオープン

  6. バリ、ジャワ、アジアのアンティークコレクションが特徴的なホテル – Hotel Tugu Bali







Translate »