ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

ロンドンの銀座、ナイトブリッジから3分

2012年、ロンドンの中心地にオープンした本格派スモールラグジュアリーホテル「The Wellesley」。
36室のみの小さなホテルですが、そのホスピタリティは日本人なら一流旅館のそれを思い起こすはずです。
例えば、フロントの女性がファーストネームで話しかけてくれるのは、異国の地では嬉しく感じるのではないでしょうか。

驚くのはホテルの半径1.5km圏内なら、ホテル専用のロールスロイスゴーストで移動ができる点です(メインイメージ参照)。
さほど離れてはいないけれど、徒歩で移動するにはやや遠いと感じる場所は、旅先でひとつやふたつはあるものです。
このちょっとした不便さを最高のラグジュアリーで答えてくれるサービスが、The Wellesleyにはあるのです。

 

違いにこだわる、お客様を知る努力をする

「お客様を知ることに努力を惜しまないことが私のモットーです」とGMのステファノ氏。
また、The Wellesleyのような小さなホテルはお客様と共存していくことが必要だとも言っています。

その言葉通り、先程のロールスロイスゴーストでの送迎をはじめ、完全なプライバシーの確保、ロンドンで唯一のオープンシガーバーなど、富裕層のニーズをとことん追求しています。

例えばシガーバーではフィデル・カストロが所有していたシガーも用意されているほか、18世紀のコニャックも楽しむことができます。

関連記事

  1. ラ・マムーニアが富裕層向けコスメのヴァルモンとのコラボレーションを発表

  2. 白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

  3. IHG 箱根強羅に全客室に温泉を備えたホテルを2019年に開業

  4. 鉄道会社傘下のインバウンド富裕層向けホテル対策

  5. 富裕層向けのホテルを多数展開するアコーグループが2019年4月に「京都悠洛ホテル M ギャラリー」を開業

  6. 富裕層の獲得を狙い旧軽井沢ホテルがヒルトン系に一新 







Translate »