横浜ロイヤルパークホテル、富裕層向けに客室最上部をリニューアル

写真:(c) 横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテルが、客室最上部の3フロア(65~67階)を国内外の富裕層向けにリニューアルする。2019年1月から工事を開始し、同年3月のオープンを予定している。

2018年3月に、60~67階の8フロアをワンランク上のラグジュアリーな客室としてリニューアルしているが、今回のリニューアルはさらに明確に富裕層をターゲットとしたものであることがうかがえる。

室内は落ち着きのあるモダンな空間で、プライベートとしてだけでなく部屋で仕事をするにも最適だ。富裕層の中でも、特にビジネスオーナーの利用が増えそうだ。また、客室専用のラウンジも整備し、朝食時にシェフが目の前で調理するなど、専用スタッフも配置する予定。特に最上階の67階は記念日での利用を想定した気品のある部屋にするという。

 

当社では、新しい富裕層向けホテルなどの開発を予定している企業を対象としたADR(Average Daily Rate/平均客室単価)調査を実施しています。ADR調査の詳細は下記ページをご覧ください。

詳細はこちら

関連記事

  1. アンダーズ東京 メインダイニング「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」リニューアルオープン

  2. 富裕層利用者の多いオークウッドホテル&アパートメンツが新大阪に開業

  3. 高級ホテルがスパ強化

  4. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

  5. IHG 箱根強羅に全客室に温泉を備えたホテルを2019年に開業

  6. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。







Translate »