富裕層向けラグジュアリーホテルブランド「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」、バンコクに初のホテルを開業

写真:(c) ニッコー・ホテルズ・インターナショナル

世界各国に富裕層向けにラグジュアリーホテルを展開するホテルブランド「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」が、2019年1月16日にバンコク中心部のトンローエリアに「ホテル・ニッコー・バンコク」を開業する。当ホテルはバンコク初となるニッコー・ホテルズ・インターナショナルのホテルだ。微笑みの国タイのあたたかく親しみやすいおもてなしと、日本ならではのおもてなしが融合したサービスで、ゆったりと寛ぐことができるホテルとなっている。

「ホテル・ニッコー・バンコク」は、バンコクの中心部スクンビット通りに面し、BSTスカイトレインのトンロー駅より徒歩約2分の好立地に位置している。トンローはバンコクの都心エリアであるワッタナー区にある「スクンビット・ソイ55(通称:トンロー通り)」周辺の南北に延びた地域を指し、古くから多くの日本人や外国人駐在員、タイの富裕層が居住するエリアだ。周辺には、バイテック(BITEC)やクイーンシリキットコンベンションセンター(QSNCC)国際展示場、多国籍のレストラン、バーのほか、近年注目されているコミュニティー型のモールや国際病院があり、ビジネスの拠点としてだけではなく、レジャーにも最適な場所となっている。

客室は全301室で、タイの伝統的なデザインがコンテンポラリーかつスタイリッシュに取り入れられている。130平方メートルの広々としたスイートルームから、簡単な調理もできビジネスでの長期滞在に適した客室など、様々なタイプの客室がそろう。富裕層向けの客室は、ホテル上層階に位置するニッコークラブフロアとスイートルームとなる。ウェルカムフルーツ、無料ミニバー利用、優先的なアーリーチェックイン・レイトチェックアウト、エグゼクティブラウンジ利用などのサービスが受けられる。

また、ホテルには4つのレストラン・バーのほか、日本料理「飛翔」、オールデイダイニング「オアシス」、ロビーラウンジ「カーブ55」、プールバー、宴会場などがある。

タイは2015年から経済成長率3%以上で、年々増加傾向にある(国民経済計算マニュアルに基づくデータ、およびIMFによる推計より)。また、日本を含め海外からの富裕層旅行客の誘客にも力を入れている。プライベートでもビジネスでも利用しやすい「ホテル・ニッコー・バンコク」は、日本の富裕層やビジネスオーナーからも注目を集めそうだ。

 

当社では、随時富裕層向けホテル関連情報を随時募集しています。プレスリリースなどの情報をお持ちでしたら、ぜひ当社まで情報をお寄せください。
※ご提供いただいた情報は当社にて一度拝見させていただきます。内容によっては掲載を見送らせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ・情報提供はこちら

関連記事

  1. 奈良の旧酒蔵を高級宿泊施設に2018年10月開業予定

  2. 支笏湖北海ホテル跡に「しこつ湖鶴雅別邸碧(あお)の座」建設

  3. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

  4. 上高地のホテル、富裕層や外国人の集客強化

  5. 泣く子も黙るスパコスメブランド「コーダリー」所有の5つ星ホテル – レ・スルス・ドゥ・コーダリー

  6. 札幌、名古屋、福岡ですらまだまだ足りない。地方にラグジュアリーホテルを誘致することは富裕層インバウンドの試金石だ

Translate »