北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

森トラスト系の投資会社MAプラットフォームが、北海道苫小牧市にホテルやコテージを中心とした滞在型リゾートを開発する。
まずは2020年の部分開業を目指し、完成予定の2026年にはホテルが330室、コテージが40棟に加え、医療施設も併設される予定だ。周辺にはゴルフ場やスキー場が多く、夏も冬もアクティビティが楽しめる。また医療施設を活用し、医療ツーリズム需要の取り込みもおこなっていく予定だ。

 

当社では富裕層向けリゾート、ホテル、コンドミニアムなどの開発における富裕層調査を随時募集しております。案件をお持ちのデベロッパー様、不動産会社様などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 広州のマンダリンオリエンタルで追加料金の支払いで愛犬愛猫との滞在が可能な「Pet-friendly」プラン

  2. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得

  3. フランク・ロイド・ライトの息吹で目覚める朝 – 帝国ホテル東京

  4. 欧米豪富裕層にとっては当たり前のビジネスジェット。いよいよ日本航空も参入。

  5. 「ソフィテル ボラ ボラ マララ ビーチ リゾート」2018年5月よりリノベーションを実施

  6. 富裕層の獲得を狙い旧軽井沢ホテルがヒルトン系に一新 







Translate »