北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

森トラスト系の投資会社MAプラットフォームが、北海道苫小牧市にホテルやコテージを中心とした滞在型リゾートを開発する。
まずは2020年の部分開業を目指し、完成予定の2026年にはホテルが330室、コテージが40棟に加え、医療施設も併設される予定だ。周辺にはゴルフ場やスキー場が多く、夏も冬もアクティビティが楽しめる。また医療施設を活用し、医療ツーリズム需要の取り込みもおこなっていく予定だ。

 

当社では富裕層向けリゾート、ホテル、コンドミニアムなどの開発における富裕層調査を随時募集しております。案件をお持ちのデベロッパー様、不動産会社様などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 富裕層の間で浸透している別荘ではないサード・プレイスという概念

  2. マンダリン オリエンタル 東京に、メキシコ料理の概念を変えたメキシカンファインダイニング「プジョル(Pujol)」が日本初上陸

  3. 上高地のホテル、富裕層や外国人の集客強化

  4. 最高クラスのホスピタリティが堪能できるラグジュアリーホテル – Aston Solo Hotel

  5. 北海道倶知安町、2%の宿泊税導入。富裕層に多額課税。

  6. 日本の富裕層も必見!スコットランドの高級キャッスルホテル

Translate »