北海道苫小牧市で海外富裕層向け滞在型リゾート開発が開始

森トラスト系の投資会社MAプラットフォームが、北海道苫小牧市にホテルやコテージを中心とした滞在型リゾートを開発する。
まずは2020年の部分開業を目指し、完成予定の2026年にはホテルが330室、コテージが40棟に加え、医療施設も併設される予定だ。周辺にはゴルフ場やスキー場が多く、夏も冬もアクティビティが楽しめる。また医療施設を活用し、医療ツーリズム需要の取り込みもおこなっていく予定だ。

 

当社では富裕層向けリゾート、ホテル、コンドミニアムなどの開発における富裕層調査を随時募集しております。案件をお持ちのデベロッパー様、不動産会社様などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. ユニマットグループ、新会社を設立し宮古島での富裕層向けリゾート事業を強化

  2. 支笏湖北海ホテル跡に「しこつ湖鶴雅別邸碧(あお)の座」建設

  3. 富裕層向けラグジュアリーホテルブランド「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」、バンコクに初のホテルを開業

  4. 別府の温泉街に外資などの高級ホテルが続々開業

  5. 海外富裕層インバウンド特需で急成長するホテル業界

  6. 観光企画設計社 作品集『KKS Leading Hotel Design』発刊







Translate »