積水ハウス、長期滞在型ホテルに参入海外富裕層の取り込みを強化

積水ハウスは、主に海外富裕層をターゲットとした数週間から数か月間滞在可能な中長期滞在型のホテルに参入する。2020年の東京オリンピックで来日する海外富裕層に焦点を当て、赤坂に地上22階建ての高級物件を開発する予定だ。このような「サービスアパートメント」は、三井不動産をはじめ大手不動産も手掛けていて、海外富裕層の取り込み競争がさらに激化しそうだ。

 

当社では富裕層向けリゾート、ホテル、コンドミニアムなどの開発における富裕層調査を随時募集しております。案件をお持ちのデベロッパー様、不動産会社様などからのお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 京都の旅館や事業者は高級化路線への投資に注力

  2. SLH、加盟する富裕層向けホテルやリゾートの中から最優秀ホテルを決定する「SLHアワード2018」を発表

  3. パーソナルスタイルで過ごす、極上のホテル空間 星の王子様の末裔が語るアンダーズ東京

  4. 札幌、名古屋、福岡ですらまだまだ足りない。地方にラグジュアリーホテルを誘致することは富裕層インバウンドの試金石だ

  5. ロンドンの中心で、36室だけのスモールラグジュアリーを – The Wellesley

  6. ホテルオークラ本館跡地に富裕層向けスイートを備えた「オークラ東京」を2019年開業







Translate »