祇園畑中が富裕層向け新ホテルブランド「SOWAKA」を発表

写真:©そわか(SOWAKA)
株式会社畑中(京都市東山)は、京都・祇園八坂エリアで100年の歴史を刻む懐石 美濃幸。その跡地に、元老舗料亭の数寄屋建築を大規模リノベーションし、粋を愉しむ大人のためのラグジュアリーホテルを「そわか(SOWAKA)」が開業する。開業予定は、本館が2018年11月23日、新館含むグランドオープン予定は2019年3月25日だ。

スモールラグジュアリーホテルの快適性に日本の美意識を採り入れた新しいスタイルの宿泊施設で、ターゲットは国内外の富裕層が対象だ。客室は、数寄屋建築を大規模リノベーションした本館10室と離れ1室、新たに建てる現代的な和風意匠の新館12室の計23室。

本館は、数寄の心を生かし職人の高い技術を伝える床の間や欄間、空間構成など、随所に日本の美を留めながら、利用客が快適に過ごせる部屋として生まれ変わる。新館には、京都の路地を思わせる専用廊下や、坪庭の配置で個々の部屋のプライバシーが保たれた、侘び寂びを感じさせるモダンな客室となる。

館内施設には坪庭を望む小さな数寄屋の佇まいのバーの他、伝統的な左官工法の一つ・大津磨きで仕上げた柔らかい光沢の壁とガラス一面に広がる緑が印象的なレストランを併設。ミシュランの星を獲得した東京西麻布の名店「ラ・ボンバンス」のイノベーティブな日本料理を、宿泊客だけでなく宿泊客以外の人にも提供する。

国内外の富裕層の取込みが激化する京都に、新風が吹くことになる。八坂神社の鳥居を望むという恵まれた立地もさることながら、ホテルの名に冠した「そわか」の通り、訪れる方々に数多なる幸せを感じ人気ほてるとなるだろう。

参照:そわか(SOWAKA)

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けインバウンド動向をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 「富裕層向け・ウェディングフェア/半年に1度の試食会付き」を2月2日(土)に開催

  2. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得

  3. カルティエのガレージコンセプトに富裕層はどう反応するか?

  4. 富裕層に人気のラグジュアリーホテル「ザ・カハラ」が2020年に横浜で開業

  5. 京都の旅館や事業者は高級化路線への投資に注力

  6. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護







Translate »