白馬に外資系ブランドが参入。インバウンド富裕層が狙いか

欧米豪の富裕層インバウンド客から人気が高い、白馬エリアで外資系ブランドのホテル「コートヤード・バイ・マリオット」と高級古民家リゾート施設「旅籠(はたご)丸八」による2つの異なるコンセプトの宿が誕生した。スノーリゾートとして訪日客が急増している白馬で、高級感を打ち出した施設として集客を図るのが狙いだ。

記事元(信濃毎日新聞)はこちらから

関連記事

  1. 富裕層インバウンドから考える観光戦略と文化財の保護

  2. ウェスティン都ホテル京都、198億円かけ改装後は国内外富裕層取り込みの強化へ

  3. ホテル・シュタインが新コンセプトでオープン

  4. 横浜ロイヤルパークホテル、富裕層向けに客室最上部をリニューアル

  5. 海外富裕層をターゲットとしたラグジュアリーホテルの建設が相次ぐ京都

  6. マンダリン オリエンタル 東京  日本のホテルで唯一4年連続 『フォーブス・トラベルガイド』2018年度格付けにおける 「ホテル」「スパ」両部門で最高評価の5つ星獲得







Translate »